• ホメオパシー、植物療法が保険適用に! ー世界の代替療法の動向


    スイスでの代替療法の受入れられ方に関して、素晴らしいニュースです♪

    スイス内務省 代替療法を実質正当な医療と認める

    Herbal medicine and herbs

    リンクの記事は英語なので、ざっくり訳してみます

    スイスの内務省は、今週火曜日、医療保険の保険適用のランクにおいて、
    下にある5つの補完療法に対して、通常の医療と同等のランク
    (=保険適用される)を与えたという内容のもの。

    今回の5種類の補完療法に該当しているのは;
    ・ホメオパシー
    ・ホリスティック医療
    ・植物療法
    ・鍼治療
    ・伝統中国医学(漢方)

    今回の動きに至った経緯のスタートはかなり前で、2005年。
    その時は、保険適用の訴えは退けられ、一度失敗しています。

    ただ、その後国民の投票の末、
    2012年〜17年の6年間を試験期間として、
    保険適用OKの暫定処置が取られていたとのこと。
    この試用期間の間に、効果効能などを証明することが
    条件とされていたのですが、その試験期間の終了を待たず、
    スイスの内務省は今週3/29に、
    「効果効能を完全に証明するのは無理である」との結論に至り、
    そして、ここからが面白いのですが、
    「故に、該当補完療法に関しては、他の医療と同等に保険適用にする」
    としたようでございます。
    これは、なかなかに興味深い結論ですね。

    candidate2

    個人的には、「ホリスティック医療をどう定義付けているのか?」など
    内容について細かく気になるところも多いし、
    また「認定を受けた医師からの治療・処方のみ該当する」など
    条件がある部分も気になるところで、手放しに賛成出来ない部分はあるものの、
    ひとまずは、大きな第1歩だと思います!

    特に今回の動きでとても素晴らしいなぁと思ったのは、
    2005年に一度退けられた後の動き。
    補完療法の置かれる状況が好転していった背景には、
    一般の消費者の後押しがあったことで動き出したようなのです。

    2005年の失敗の後、スイス国民の2/3(!)が
    「5種は、保険適用の医療リストに含まれるべきだ」と
    投票したことを受け、上で記した6年間の試験導入に動き出したのだそう。

    日本では、上記の5種類の補完療法の中では、
    「鍼」と「漢方」が保険適用ですが、スイスのように
    他の3種も保険適用になっていくと、もっと選択肢が増えますよね!

    自然療法先進国のオーストラリアはじめ、
    なかなか他国が足踏みしているエリアなので、
    今後もスイスの動向が気になるところです!

    <最新セミナー情報>
    春の体質改善セミナーお申し込み開始しています!→詳細はこちら <ホリスティックに美しくなる1DAYセミナー @東京>

    個別コンサルテーション

    【場所・受付時間・費用】 田園都市線 三軒茶屋駅 徒歩5分(キャロットタワー近く)
    東京都世田谷区太子堂4丁目にあるプライベートサロンです
    ご予約後に、詳細住所や分かりやすい地図などをお知らせしております 詳しい情報はこちら
    【ネイチュラのこだわりや専門領域について】 自然療法のnaytura代表
    ナチュロパス いせ ゆか N.D. MATMS
    (オーストラリア伝統医学学会認定ナチュロパス)
    病気の予防だけでなく、一歩先のウエルネスを目指す人のための美と健康づくりのサポートを得意としています。

    デトックス、ダイエット、一般的なウエルネス、アスリート向けの健康づくり等を、食事やライフスタイルの改善、サプリメント、メディカルハーブ、フラワーエッセンスなどを組み合わせ、個々の状態に沿ったセルフケアを提案しています。
    【コンサルテーションでの詳しい流れ】 初期ヒアリングからご提案ご説明までの流れをご案内いたします

    ご紹介するサプリメントについて

    ご希望の方にのみご案内しております。
    ご紹介するサプリメントは通常、1種類~4種類程度。
    【ご予約フォーム】 完全予約制です
    ご予約はコンサルテーションご予約フォームからお受けしております
    初めての方へ
    初めての方のご予約フォーム
    2回目以降の方へ
    延長時間不要の方

    30分延長ご希望の方