( ! ) Deprecated: Methods with the same name as their class will not be constructors in a future version of PHP; WpSocialBookmarkingLight has a deprecated constructor in /virtual/naytura/public_html/wp-content/plugins/wp-social-bookmarking-light/modules/services.php on line 23
Call Stack
#TimeMemoryFunctionLocation
10.0004361984{main}( ).../index.php:0
20.0008362512require( '/virtual/naytura/public_html/wp-blog-header.php' ).../index.php:17
30.0013363456require_once( '/virtual/naytura/public_html/wp-load.php' ).../wp-blog-header.php:13
40.0017364344require_once( '/virtual/naytura/public_html/wp-config.php' ).../wp-load.php:37
50.0029366152require_once( '/virtual/naytura/public_html/wp-settings.php' ).../wp-config.php:98
60.43034382600include_once( '/virtual/naytura/public_html/wp-content/plugins/wp-social-bookmarking-light/wp-social-bookmarking-light.php' ).../wp-settings.php:304
腸の不調・身体の不調はこうして始まる! 腸内環境と身体の症状の関係とは?(カンジダ症、リーキーガット症候群について)その2(2/4) | ナチュロパス ネイチュラ|インナービューティ(自然療法による)
  • 腸の不調・身体の不調はこうして始まる! 腸内環境と身体の症状の関係とは?(カンジダ症、リーキーガット症候群について)その2(2/4)


    さて前回の記事に引き続き、
    腸の不調や身体の不調はどうやって始まるのか?
    紐解いていきます

    腸や他の身体の部位の不調の根本原因になりうる
    リーキーガット症候群について
    お話しておりますね

    ちなみに、リーキーガット症候群(LGS)の方は、
    検査をするとかなり多くの食べ物にアレルギー反応が出ます
    (重症度やLGSになっている期間にもよりますが)
    これは、
    身体の仕組みやこの辺の背景が分かると納得なのです
    LGSは、
    しっかり腸&免疫をケアしてあげなければ
    アレルゲンを取り除いても
    また別のものにアレルギーになる可能性を拭えません

    そして、
    リーキーガット症候群と関わりがある状態は、
    アレルギー、炎症、自己免疫疾患だけではないのです
    ・気持ちの浮き沈み、イライラや
    ・睡眠障害
    ・自閉症などなど
    メンタル系の症状との関係が深いと言われています

    腸は
    中枢神経系以外で、神経組織が一番集中しているところ
    (中枢神経っていうのは、脳と脊髄のことですね)
    それなので、
    腸が独自で判断する事もあるし、
    逆に脳に命令することもあります

    shutterstock_211534639 のコピー

    セロトニンという物質。
    きっとどこかで聞いた事があると思います。
    セロトニンは、
    心を穏やかにしたりする働きを持っている物質ですね
    睡眠や体温にも影響を与えます
    このセロトニンの90%は腸で作られていると言われています
    脳の物質だと思っていたら、びっくり!
    と、思いませんか?
    腸は、体内では、結構影響力のあるヤツなのです
    う○ちを貯めておくところだよね~と思っていたら
    大間違い!

    さて、
    リーキガット症候群と関係している
    メンタル系の症状はこんなあたりがあります
    ・自閉症や
    ・不安神経症、うつや躁鬱
    ・不眠症などの睡眠障害
    などなど

    うつじゃないけど、
    気持ちの浮き沈みが・・・なんていうことありませんか?
    そんな症状が腸と関係しているなんて
    思いませんですね、普通は。
    (もちろん腸以外の原因もありますし、
    腸だけともいえません、特にメンタル系は)

    shutterstock_145682033 のコピー

    腸にルーツがあることも多い
    不眠症や、自閉症
    うつや気持ちの落ち込みなどのメンタル系の症状や状態は、
    もちろん腸からアプローチすることも多く
    クライアントさんにビックリされることもあります。
    「色々試した・・・」と来院されても、
    中々、腸ケアまでされていらっしゃる方はいませんので

    ちなみに、
    過敏性腸症候群(IBS)とセロトニンが
    関係していると言われていますが、
    これも、うなずける話なのです

    皮膚疾患やアレルギー、自己免疫疾患、メンタル系の症状など以外にも
    リーキーガット症候群と関係しているのは、
    ・頭痛や
    ・慢性疲労症候群
    ・取れにくい疲労感、やる気の減退
    ・甘いものなど特定のものを欲するフードクレイビング
    ・食欲の増進
    などなど
    このあたりも
    それぞれに腸との関わりがある場合を見受けます

    それからリーキーガットの症状として
    もっと腸と直接的に関係している症状はこのあたり
    ・お腹が張った感じになる膨満感
    ・お腹のガス溜まり(鼓腸)
    (お腹がゴロゴロ・ポコポコ言ったりもします)
    ・腹痛
    ・下痢、軟便、便秘
    こんな症状がある方は
    ちょっと腸を見つめ始めても良いかもしれませんね

    さてさて、次回は
    なんで腸に穴があくんだろうか?というあたり、
    原因のあたり、まいります

    → 腸の不調・身体の不調はこうして始まる! 腸内環境と身体の症状の関係とは?(カンジダ症、リーキーガット症候群について)その1(1/4)
    腸の不調・身体の不調はこうして始まる! 腸内環境と身体の症状の関係とは?(カンジダ症、リーキーガット症候群について)その2(2/4)
    → 腸の不調・身体の不調はこうして始まる! 腸内環境と身体の症状の関係とは?(カンジダ症、リーキーガット症候群について)その3(3/4)
    → 腸の不調・身体の不調はこうして始まる! 腸内環境と身体の症状の関係とは?(カンジダ症、リーキーガット症候群について)その4(4/4)

    関連セミナー情報

    自然療法の専門家が教える!
    『自然療法のいろはと腸ケアことはじめ講座』
    → 詳細はこちらから
    ※本セミナーは終了しました。
    過去のセミナー一覧はこちら

    個別コンサルテーション

    【場所・受付時間・費用】 田園都市線 三軒茶屋駅 徒歩5分(キャロットタワー近く)
    東京都世田谷区太子堂4丁目にあるプライベートサロンです
    ご予約後に、詳細住所や分かりやすい地図などをお知らせしております 詳しい情報はこちら
    【ネイチュラのこだわりや専門領域について】 自然療法のnaytura代表
    ナチュロパス いせ ゆか N.D. MATMS
    (オーストラリア伝統医学学会認定ナチュロパス)
    病気の予防だけでなく、一歩先のウエルネスを目指す人のための美と健康づくりのサポートを得意としています。

    デトックス、ダイエット、一般的なウエルネス、アスリート向けの健康づくり等を、食事やライフスタイルの改善、サプリメント、メディカルハーブ、フラワーエッセンスなどを組み合わせ、個々の状態に沿ったセルフケアを提案しています。
    【コンサルテーションでの詳しい流れ】 初期ヒアリングからご提案ご説明までの流れをご案内いたします

    ご紹介するサプリメントについて

    ご希望の方にのみご案内しております。
    ご紹介するサプリメントは通常、1種類~4種類程度。
    【ご予約フォーム】 完全予約制です
    ご予約はコンサルテーションご予約フォームからお受けしております
    初めての方へ
    初めての方のご予約フォーム
    2回目以降の方へ
    延長時間不要の方

    30分延長ご希望の方